東京メトロ南北線の白金高輪駅を出て、桜田通りとも呼ばれる国道1号線に沿って南に歩いていくと、道路の西側の右側に大きなレンガ造りの建物が見えます。アルブル高輪の向かいの明治学院大学です。

それはプロテスタント系の私立大学であり、その歴史は古く、1863年にヘプボンのローマ字表記で知られるアメリカの宣教師JCヘボンによって開かれたヘボン塾から生まれました。

西洋の物語がキャンパス内に並んでいるので、歴史をミッションスクールとして伝えることができます。その中には、大阪の大丸心斎橋店と東京の山頂ホテルをデザインすることで知られているアメリカ人/ WMヴォーカスが手がけるチャペルもあります。

アルブル高輪
今回は、明治学院大学のの反対側に建てられました。暖かいレンガ造りの14階建ての高層マンションです。明治学院大学と国道1号線に似た感じがします。

しかし、アルブル高輪の隣を見て、寺院が目に飛びこみます。地図上でよく見えますが、このアパートが建てられている国道1号線の東側には寺院が密集しています。歩いて3分以内に6つの寺院があります。つくばの隣にある谷山正美津。キリスト教の大学と仏教の寺院が道を渡ってお互いに直面するのは不思議な領域です。それは国道沿いにありますが、静かな空気の流れのような環境のためかもしれません。

アルブル高輪
もう一度アルブル高輪に注目してみましょう。オートロックや24時間ごみの解約などの一般的な設備に加え、低層階の店舗にも注意を払いたいと考えています。アパートの1階にはコンビニエンスストアがあり、日常生活に便利に利用できます。 2階にはパティスリーに店があります。甘いものとして、あなたの目を閉じても、あなたの体重が無限に増加することが懸念される場合でも、理想的な環境です。

アルブル高輪
また、駅の暗い路地を通らずに帰ることもできますが、遅く帰るのは安全な点です。最寄り駅の品川高輪駅から高輪の高輪まで、国道1号線を直進してください。

    冒頭で触れたヴォーリズは、後に日本の華族令嬢・一柳満喜子と結婚しました。これは、家族の女性が外国人と結婚した最初の例です。

    その結婚式は、まだ残っている明治学院大学の礼拝堂で行われました。その後の日米関係の悪化を背景に、1941年、ヴォーリズは日本で帰化した「一ノ屋御橋」(柳杉)と改名されました。第二次世界大戦後、彼の人生は、マッカーサー氏と古野史明首相との会談の実現など、日米間の架け橋でした。

    アルブル高輪
    そのヴォリスに深く関わっている明治学院大学側が、東西文化が穏やかに共存する地域になっているかもしれません。高輪アルバーグの2階のパティスリーを慎重に見ながら、そのようなことを想像できるのは私のことでした。