外苑西街の南端から、白金6丁目交差点から白金台交差点まで、白金台町を通る区間を「プラチナ通り」といいます。金属の「白金」は「プラチナ」という意味です。 “プラチナ”は “プラチナ”とは関係ないが、プラチナという言葉の共鳴は私に独占的なイメージを思い起こさせ、スタイリッシュなお店が並んでいる通りの外観におそらく一致していた。私はそれがかなり絶妙な命名だと思う。プラチナ通りは白銀と呼ばれる有名人を集めた人たちが集まった。プラチナ通りに並んでいる店は、訪問者が閾値をもう少し認識しているように感じますが、地元の牧草地のように見て、カフェでティータイムを楽しむのが良いかもしれません。

プラチナビュー白金台
このプラチナ通りは、30年以上も経っている可能性のある素晴らしいブランチであるイチョウの木の列です。私が訪れた8月下旬、葉はまだ緑色ですが、秋には “プラチナ”になる “黄金色”に染まり、通りの色を塗ります。プラチナ通りでは、カフェやレストラン、ファッション関連のブティックなどの豪華でエレガントなショップを見て、店の様子を見るのも楽しいです。ショップの外でも精巧な建物が数多くあり、プラチナアベニューのユニークな景観の美しさは、建築とイチョウの組み合わせです。

プラチナビュー白金台
白金台は丘の上にあり、「台」の文字が付いていることから分かるように、地形的に高原のような形をしています。白金台交差点から北に向かってプラチナストリートを進むと徐々に下り坂になります。白金台交差点付近では、ほぼ直線的に伸びる通りが下り坂を少し回って白金6丁目交差点に下ります。私は、適度な曲線とグラデーションが記念碑的な通りに表情を与えると感じています。

プラチナビュー白金台
途中で建てられたスタイリッシュな建物やイチョウの木々の景観を楽しんだり、ゆったりと歩いたりすることで、季節的な散策の喜びを味わうことができます。
プラチナビュー白金台」という9階建ての邸宅は、2013年に生まれました。プラチナの風景に馴染んだ白を基調とした豪華な外観。それは爽やかで洗練された雰囲気を作り出しています。ユニット数は全部で14戸です。中層階への1階2住宅、1階1住宅である高層階は戸建住宅のような味わいを楽しめる独立性と開放感のある建物です。

プラチナビュー白金台
入り口の周りには、スタイリッシュなデザインのブラウンのグリッドから目を離すことができます。玄関口に入ると、防犯カメラやモニター付きインターホン(オートロック)などのセキュリティ装置が充実しています。また、1階には不在時に楽しい配送ボックスがあり、よく管理された自転車駐車場も設置されています。

プラチナビュー白金台
まあ、建物の名前でもある白金の眺めです。この建物からの眺めはどうですか?あなたはすでに結果を知っています。素晴らしい景色です。私の目の前にある通りの木はまったく季節を感じているようだ。だからすぐにイチョウの木が早く色づくのを待つことはほとんどできない。あなたがここに住むなら、確かにそのような気持ちで1年を過ごすでしょう。

プラチナビュー白金台に住む人は、700年以上続く高齢者の国を夢見てプラチナ感を見るのは楽しいことです。