隅田川と言えば東京を代表する大きな川です。江戸時代までは、下郷(現在の千葉県北部)と武蔵(現在の東京と埼玉県)の境界を示す川でもあった。明治時代のミュージシャンとして、「春のうららの隅田川」と呼ばれる「花」は、滝のりんたろは、涼しい川がまだ川の両側に広がっていると言います。荒川区中央区、墨田区、台東区などを流れ、勝どき橋、愛宕橋、びじ橋などの有名な橋が覆われているので、現在の隅田川が生まれたのは1965年のことです。それでも、もともとスミダガワは、千住大橋の下流の共通名です。それまで荒川と呼ばれていた川は、洪水対策などで流れが変わったため、隅田川として新たに生まれ変わりました。

ブランズ日本橋浜町公園

今回は、2016年に建てられた「ブランズ日本橋浜町公園」の前に隅田川が立ち並ぶ川前の11階建てアパートを紹介したいと思います。都営新宿線「浜町駅」から徒歩5分最寄り駅「東日本橋駅」、JR総武線「浅草橋駅」は徒歩10分以内です。日本橋駅や東京駅を含め、東京にも通っており、通学に便利です。

近くには郵便局、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、レストランなどがたくさんあり、住みやすい暮らしの環境です。また、自慢のスポーツ施設、走り歩きに最適な隅田川テラス、浜町キャンプ場(中央区住居のみ利用可能)など、長い道のりを経ることなく、充実した休暇を過ごすことができます。あなたができるバーベキューを楽しむことができます。

ブランズ日本橋浜町公園

ブランズ日本橋浜町公園」自体を見ると、石を積極的にデザインに組み込んだ頑丈な外観です。周囲の風景と調和しながら、存在感のある魔法のような雰囲気です。オートロックで管理されている入り口から建物に入ると、柔らかい間接照明や物体が配置され、自然大理石を使った良い空間が広がります。配達箱、郵便箱、自転車駐車場などの共有施設もあり、どこでも清潔でよく管理されているので使いやすいと感じています。また、私は消火器やAEDなどの状況を使いたくないのですが、時間があれば安全なものがあります。各部屋への道はホテルのようなカーペットの敷地内の廊下です。早朝中に出入りするときに足音を抑えることができます。

ブランズ日本橋浜町公園

隅田川の目の前で、このような素晴らしい高級マンション。私は本当にこれで生きたいです。ちなみに、ビンジー橋の「ブランド日本橋浜町公園」から400m上流です。この橋の名前は、下郷と武蔵の国々を横断する橋の起源をたどっています。

 

1800年代の花火大会では、橋や橋下橋が壊れていたこともあり、あまりに多くの来場者が橋を壊しました。火と戦闘は江戸の花のような言葉ですが、落ち着いて花火に感謝したいならば。幸い、隅田川沿いを歩いていると、隅田川から夏の伝統や花火を見ることができるスポットがあります。このような場合、江戸時代末期の巨匠、尾田南浦(大田南浦)の作品「永遠の時代に掛かる橋は落ちているが、祭りは葬儀場である」とは言わない。結局のところ、花火を観るのはあまりにも多くの人がいない場所なので、ゆっくり楽しんでみたい。