馬喰町といえば、衣装卸売り街が集まる、活気あふれるフレンドリーな街です。また、年2回開催される大江戸卸売り祭では、女性の商品を中心としたアウター、バッグ、アクセサリーなどの商品を、横山町・馬喰町の両側に並ぶ卸売店の店頭に配置し、卸売価格。夏と冬は毎年開催されますが、夏にはサンバ隊の素晴らしいパレード、ライブジャズライブ、冬のゴスペルイベントが開催され、大成功です。私はいつか卸売店を体験してほしいです。

レジディア日本橋馬喰町

この卸売地区の最寄り駅は、JR総武線大田町駅の近くで、エトワール村と呼ばれ、「ETOILE エトワール海渡」と書かれた建物が並んでいます。このような状況がわからないのであれば、エトワールカイタリと呼ばれる建物がたくさんあるのはなぜだろうか。

レジディア日本橋馬喰町

このエトワール海渡は、1902年に設立された老舗の卸売専門店で、ファッションホール、リビングルーム、家の装飾ホール、ネオポッド、別館などの建物のグループを形成しています。

レジディア日本橋馬喰町

アパレル周辺で扱われるアイテムの数は常に70万アイテムです。あらかじめ登録されているプロのベンダーだけが入居できますが、私は前に店に入る機会に恵まれました。特別なバッチを入力してみてください、店の内部は百貨店のように見えます。すべてのアイテムが並んでいて、セールスフロアを兼ねたディスプレイも見て楽しかったです。

レジディア日本橋馬喰町

エトワール海渡棟群、清洲橋通り、江戸通りが交差する交差点。 「レジディア日本橋馬喰町」は、茨城駅から徒歩1分のところに立地しています。私は歩いて1分歩くように表現しましたが、実際には地下鉄駅からの入り口はすぐに入り口です。江戸通りの前にはマオリの柑橘類のバス停があり、山手線の秋葉原駅まで徒歩13分です。交通の便の良い場所が最大の特徴です。また、1階にミニストップがあり、24時間買い物ができ、ユーティリティー料金を払い、格安航空券、トト、BIGを購入することができます。

デニーズまで徒歩1分(約27m)、日本橋小出町のauショップに徒歩2分(約160m)、ほとんどのビジネスは徒歩圏内にあります。

レジディア日本橋馬喰町

また、「レジディア日本橋馬喰町」の敷地内には、24時間捨てられるゴミ箱、外出時に荷物を受け入れる宅配ロッカー、共用施設が充実しています。エントランスホールにはソフトドリンクの自動販売機もあります。建物の出入りは自動ロックで管理され、セキュリティカメラはどこにでも設置され、安全に安全に暮らすことができます。まだ対処できない魅力があるようですが、その後は必ず「レジディア日本橋馬喰町」を訪れてみてください。