今から約7年前、東野圭吾の「新参者」というテレビドラマがありました。日本橋駅で働いたばかりの犯罪行為で、土地や事件に触れている人たちと犯罪行為をしている犯罪は、事件の謎を解くことです。

パークハビオ水天宮前
このドラマには何が含まれているのか、この集会所「パークハビオ水天宮前」は、同じ人形町/四万天の舞台であるということです。物語に加えて、「新参者」は、人形町の魅力が大きく伝わった内容だった町歩きの報告要素でした。

パークハビオ水天宮前

この辺りは江戸時代には「人形町」と呼ばれていました。かつては、歌舞伎と人形のバラードを演奏する「劇場」が並ぶ賑やかなエンターテインメント地区でした。安いレートで安心して楽しむことができる人形浄瑠璃は一般の人に人気があり、人形劇や人形劇がたくさんあります。そして、ある日「人形町」と呼ばれるようになりました。

パークハビオ水天宮前
市内では、空襲の戦いを免れた古い建物が様々な場所に残っており、ダウンタウンの感情が残る風景を作り出しています。人形町駅A1の出口A1から「明治座」まで続く約400mの「甘酒横丁」は、「新参者」にも設置された餅屋や雑貨店で有名なフル・レストランです。平日は昼だったが、通りには多くの人が集まっていた。

パークハビオ水天宮前

また、1760年にはどのくらい創業したのか、親子丼で有名な「玉ひで」等家族の老舗が多い。江戸時代から続いてきた老舗なのでびっくりします。 2006年に大正に設立され、今年で100周年を迎える人形焼交差点の「重盛永信堂」。風味豊かな布で飾られた人形のようなローストと赤い餡の湿った甘さは、寺院のお土産として非常に人気があります。

パークハビオ水天宮前

江戸時代から寛解している人々の宗教的信念を長く残してきた「水天宮」は、安全で無水分の排除の恩恵で知られる神社です。
この静かな場所で神社通りから1つずつ入ってきて、このマンション「パークハビオ水天宮前」が建てられました。

パークハビオ水天宮前
落ち着いた色調のエレガントな建物です。あなたの目の前にはカラキリタウンパークがあり、建物の緑に植えられた緑と公園の木々が一緒になって緑豊かな隅を形成しています。エントランスホールにはコンシェルジュカウンターがあり、家の清掃や食糧配達など、隣接する「ロイヤルパークホテル」のサービスを受けることができます。ショッピング地区、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどでも近くに住むのは簡単で、半蔵門線と博多馬前駅まで徒歩わずか2分、日比谷線と人形町まで徒歩6分ですステーション。通勤や通学に便利な立地で、電車に乗ると東京駅や大手町駅まで約5分で行くことができます。また、東京シティエアターミナルに直結しているので、空港利用の機会が多い方には非常に便利です。

パークハビオ水天宮前

Park Habioシリーズは、あなたが住んでいるものを「あなたが選んだ場所、あなたが生きたい場所」というモットーとして最大限に活用する場所を選んでいます。 「パークハビオ水天宮前」は、心地よいお子様の天神天神を見渡す土地にあります。物件の前には「中央区有馬小学校・有馬幼稚園」があり、交通や生活面だけでなく、育児環境にも適していると感じました。

「新参者」とは、東野先生自身が「人形町を舞台にしたい」という考えから生まれた作品です。私がドラマを見ていると賞賛した場所は、実際に歩いていても素晴らしい場所でした。あなたが住んでいれば、それは別の別の側面になります。
「パークハビオ水天宮前」は、物語の舞台になるほど魅力的な都市に建設された不動産です。江戸の繁華街の感情がいっぱいの場所で、毎日カラフルにしてみませんか?