平河天満宮のすぐそばに、今回訪れるパークハウス平河町が建てられています。東京メトロの半蔵門と麹町の両方の駅は、永田町駅から徒歩4分と徒歩6分です。周辺には飲食店がありますが、近くにコンビニやスーパーがあるのでコンビニも便利です。

ブラウンを基調とした建物の外観はさわやかだった。保管されていることもありますが、2007年に建築したような美しい外観です。周囲が豊かな植栽で色づいているのが個人的には好意的に感じることができる点です。そして建物の中はシックで洗練されたデザインでまとめられています。自動ドアと銀色を基調とした落ち着いたインテリアで、粒子は粗く豪華です。

特徴の一つは、共通の施設が充実しているということです。不在時でも荷物を受け取ることができる配送ボックスがあり、いつでも使用できるゴミ捨て場が設置されています。平日に遅く帰宅する人にとって、利点はどちらも時間を心配しないことです。

また、セキュリティ面も重要であり、オートロックカメラとセキュリティカメラを設置することをお勧めします。管理室もあるので、建物に出入りする人を人間の目で確認しても安全です。

路上でアパートを見て、その地域を歩き回った後、皇居の濠がすぐに見えました。さわやかで快適な風が吹いていました。なぼり通り沿いは歩道の一部が整備されているので歩きやすいです。ゆっくり散歩するのは良い環境です。

お堀を見たのを覚えていますが、平河天満宮はかつて江戸城に入っているようです。江戸城の拡大とともに、それは城の外へと移されましたが、その後も多くの人に馴染みのあるものでした。明治以降、皇居に最も近い神社として、信じられていました。

そしてたとえ戦争による被害や地震で苦しんでいても、それは何年もの間維持されてきました。特に千代田区の有形文化財に指定されている銅の鳥居は、さまざまな被害を回避しており、変化は見られません。平川天満宮の菅原真茂の一部は、見えないもので守られているのかもしれません。

 

パークハウス平河町は、すぐ近くに皇居の濠がある緑豊かなエリアに位置しています。ここに住んでいるなら、きっと安定した快適な生活を待っているような気がします。