私は海を見たとき、私は海から数分で育ったために起きたと感じています。パークアクシス豊洲キャナルは目の前の運河を見下ろす物件です。それは素晴らしい財産であるに違いないです。

海に隣接して、パークアクシス豊洲キャナルの入り口の前に手入れの行き届いた歩道があります。歩道を歩いていると、親や子供がベンチで休憩を取ったり、愛犬と散歩をしている人など、東京とは考えられないリラックスした雰囲気を感じます。

 

視線を動かすと、海に入る方法に気付くでしょう。どうやらこの不思議な道は海から陸へ上陸する水陸両用バスのためのようです。豊洲を地図上で見ると、定規によって引っ張られる幾何学的形状をしています。これは、土地が埋め立て地で人工的に作られているからです。

400年前、江戸の海は現在の皇居の東に広がっていました。関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が幕府を開くことにしました。しかし、当時の江戸は都市を動かすには窮屈でした。こんな狭い土地で爆発的に増えている江戸の人々。彼らが出したゴミや江戸城のお堀の掘削土の処理に苦労していた家康は、一石三鳥と言えるかもしれない良い考えを思い付きました。土地は、ゴミや堀の残りの土で海を埋め立てることによって作られました。確かに、それは大胆な考えでした、そして、3つの問題すべてが解決されました:土地を確保すること、そして、廃棄物と廃棄物の土を処分すること。

家康はなぜ小田原や鎌倉のような場所ではなかったが、当時はまだフロンティアだった江戸を選んだのでしょうか。最初から、浅い江戸の海を知ることで、この埋め立て計画は私の頭の中に描かれたのかもしれません。

埋め立て地と言われるのが心配なのは地面の強さです。人工的に作られた土地の上にタワーアパートを建設するならば、重さを負うことができず、海に沈むことができません。埋め立て地などの土地で使われる「杭基礎」と呼ばれる方法があります。浅い部分の土地が弱い場合は、杭を深く打ち込み、強い層で支えるだけで十分であるという非常に単純な考え方に基づいています。パークアクシス豊洲キャナルも、この杭基礎によってしっかり支えられています。

杭基礎に加えて、パークアクシス豊洲キャナルには、安心して暮らすための施策があります。日本で不可欠な地震対策です。耐震対策に関して多くの人が考えるのは、それを強い柱とし、他の地震に強い建物とする「耐震構造」です。

しかし、タワーマンションのような高層ビルの場合、耐震構造は上層階に行くほど振動が大きくなるという問題がある。一方、パークアクシス豊洲運河は免震システムを採用しています。免震構造は、建物と地面との間に免震材料を配置することによって建物の揺れを低減する。また、建物全体が地面とほぼ平行にスイングするため、上層階と下層階のスイングは同じになります。

このように、パークアクシス豊洲キャナルは、埋め立てになりがちな土地でも人々が安全に暮らせるようにするための対策を講じています。

あなたはそれがあなたが近くの海を感じながら安全な生活を得ることができることは非常に魅力的な資産だと思いませんか?

パークアクシス豊洲の学区:江東区立豊洲小学校